約3年間住んでいた賃貸アパート

郊外に住んでいる高齢者におかれては、将来に備えて、市内中心部の賃貸物件に移り住む事を検討しておきたいものです。

約3年間住んでいた賃貸アパート

地方の高齢者への賃貸戦略

地方に居住している高齢者の場合には、交通の便の不自由な地域に住まれている人も多く見受けられます。自ら自動車を運転されるのであれば、買い物等にも不便さは感じにくいと思われますが、それでも将来的には身体の衰えとともに、不便さが増していくものと考えれれるものです。近年では市街地の利便性向上の為に、中心部に数多くのマンションが建ち並んでいます。

これらを考えれば、市内中心部あたりに賃貸住宅が見つかれば、郊外の自宅を貸し出して、そちらに移住されるのが如何だと思われます。その際、借りる方の部屋の家賃が安くなければなりません。そして、郊外の貸家からの賃貸料収入で、これの家賃と生活費の一部を補完したいところです。勿論、空家になった場合のリスクについても、考慮しておく必要があります。その為にも、信頼出来る不動産業者へ依頼しておきたいものであります。

まずは不動産業者との打ち合わせにおいては、自宅物件の家賃設定や条件が大切になります。それに入居者の家賃滞納のリスクに備えて、家賃保証会社への加入も条件に付け加えたいものです。それに、建物への火災保険に加入をしておかねばなりません。これは、火事以外の台風災害等に備えておく意味もあります。

このページもチェック!