約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸アパートや賃貸マンションなどに住むメリットについて、主に資産価値の観点から述べたいと思います。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸に住むメリットとは

新築の住宅を建てて住むのと賃貸住宅に住み続けるのでは、どちらの方がより良いのかといったことについては、賛否両論あるかとは思いますが、ここではアパートやマンションもしくは賃貸の戸建住宅に住むことのメリットについて考えてゆきたいと思います。よく言われることとしては、賃貸住宅で一生家賃を払い続けることを考えれれば、月に払う金額が同じような住宅ローンを組んで、新築を建てたり、マンションを買ったりした方が良いというようなことが言われます。その方が、ローンを払い終わった後には家あるいはマンションが自分のものになるからお得だというようなことが言われます。

重要なことは、ローン支払い完了後に自分のものとなった家もしくはマンションにどれだけの価値があるのかということです。賃貸に住む場合の家賃と住宅ローンで支払う金額を同程度にする場合には、30年ほどの返済期間が必要になる場合が多いかと思いますが、そうした場合の30年経過後に自分の手に入った家あるいはマンションの資産価値はどうかということです。30年経過した古い不動産には、ほとんど資産価値はないでしょう。そこを考えると、賃貸は引っ越しさえすれば常に新しい住宅に住めるのですから、お金の面でも住環境の面でもお得と言えるのではないかと思います。

このページもチェック!