約3年間住んでいた賃貸アパート

老後に向けて、マンションなどの不動産を購入したい人へ賃貸との違いについて比較して説明をしてみました。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸と老後の暮らしについて

賃貸に住んでいると老後も大丈夫なのだろうかと考える人は多いでしょう。老後の不安を若い人でも抱いているという時代ですから、差し迫った問題である人はもっとそう感じていることでしょう。そこで賃貸ではなく購入という形にしようと思いますが、マンションの場合はご存知かもしれませんが、修繕積立金や管理費、そして固定資産税というものがローンを払い終えた後も必要になってきます。もちろん、これらは月々の家賃と比べると安いとは言えますが、それでもローンを払い終えたら、お金が必要なくなるという訳ではないのです。

住んでいると気付くことですが、賃貸で暮らしている内は分からないことかもしれません。そういうことも含めて購入の方が得だと考えるならばマンション購入も良いでしょう。ただ多くのケースでは、賃貸も購入もそう変わらないという計算になるようです。ローンの金利に左右されるところもあります。賃貸の方が金額としては安く済みますが、将来に何も残らないというところがネックです。逆に購入した場合は、将来的に不動産が自分のものになっているという形になるでしょう。ただしローンを払い終えた頃にはマンション自体が古くなっているのでその価値は買った時よりも落ちていると、考えて良いです。優劣をつけるのは難しいのですが、現金を残すか不動産を残すかの違いではないでしょうか。

このページもチェック!