約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸の契約期間というものがあります。この意味や意義について法律面などを考慮して説明をしました。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸の契約期間の意味とは

賃貸を探していると契約期間というものがあります。これまで賃貸に住んだことがない人はその契約期間はずっと住まないといけないのかと受け取る場合もあるでしょう。例えば契約期間が2年と書かれていた場合は2年過ぎるまでずっと住み続けないといけないのだろうかということです。しかしこれは、不動産に関する法律によって定められた表記ですので、契約期間が2年と書かれていてもその前に退去することができます。

その2年と書かれた意味ですが、これは入居してから2年後にまた契約し直しますよという意味になります。その時には更新料が掛かるというところも多いです。ただこの契約は住む人の権利を保証するものであるという側面があるでしょう。こういう契約が無ければ、住む人が急に追い出されかねません。そうならないための法律というのも定められていますが、住む人の方が賃貸契約ではやや強いというのが現行法の定めるところでしょう。とは言っても家賃の滞納などをしている場合はそういう権利も認められないので、そこは注意して住むようにしましょう。普通に住んでいれば、住人の意思で住み続けられますし、契約を拒否されるということは滅多にないと言えるでしょう。

このページもチェック!