約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸物件によっては敷金や礼金が必要ない物件というのも増えてきておりますが、何故必要ないのかの確認が重要です。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸物件の敷金と礼金が必要ない理由

賃貸物件を借りるには敷金や礼金が必要だということが一般的でしたが、最近では敷金も礼金も必要ないという賃貸物件も増えてきています。これは賃借人にとっては初期費用を抑えられるという大きなメリットになります。しかし、何故このような物件が増えているのでしょうか。そして賃貸人にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

賃貸人が一番困るのは誰にも契約されず空室の期間が長くなってしまうことです。空室の状態のままでは家賃収入が無いということばかりではなく、部屋の換気をすることが少なくなることで建物の劣化にも繋がります。そのため、敷金や礼金を取り払い、少しでも賃借人が早く見つかるようにしているのです。都市部では空室の賃貸物件はあまり目立ちませんが、地方では人口減少の影響から賃貸アパートが丸々一棟空室になっているということも問題になってきています。但し、敷金や礼金が必要無いからと言って手放しで喜ぶのではなく、何故必要ないのかの確認はした方が良いでしょう。特に物件の内部と、物件の周辺環境、近隣の建物などは注意深く確認することが大切かもしれません。実は大きなデメリットがあるから空室になっているということもあるかもしれません。

このページもチェック!