約3年間住んでいた賃貸アパート

築年数の古い賃貸物件でも簡単におしゃれな部屋にできるのがDIYです。簡単な方法と注意点について紹介しています。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸物件でDIYを楽しもう

最近DIY(DoItYourself)という言葉が流行っています。持家はもちろん、賃貸物件であってもDIYを楽しむことができます。築年数の古い物件で特に古さが目立ってしまうのが水回りのキッチン・トイレではないでしょうか。設備自体が最新のものではないので、どうしても古く見えてしまいがちですが、DIYをすることで、レトロやカントリー調のおしゃれな雰囲気に変身させることも可能です。

ただし賃貸は借りている部屋ですので、基本的に退去する際には原状回復義務(入居した時と同じ状態にしなければならない)が発生します。壁にくぎを直接打ち込むなどの、回復できない状態にするのはやめましょう。では、どのようなものを使うのかというと、100円均一やホームセンターなどで売っているベニヤ板と両面テープを使えば簡単に雰囲気を変えることができます。この場合、両面テープははがしても後の残らないものを使用してください。例えばキッチンパネルにベニヤを張るだけで、かわいいカフェ風のキッチンになります。ベニヤを好きな色でペイントすれば様々な表情を楽しむことができますし、ペイントもきれいに塗ろうと思わずムラができるほうが味がでますね。ほかにも、ラックをつなげて天板部分にタイルを張るなど、簡単にDIYを楽しむことができます。賃貸だからとあきらめずに、おしゃれで楽しい空間づくりを楽しみたいものです。

このページもチェック!