約3年間住んでいた賃貸アパート

マンションには賃貸と分譲があります。気軽に借りれる賃貸か永住できる分譲か、自分の理想の住まいを探して下さい。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸と分譲、どちらに住むか

マンションには賃貸と分譲とがあります。賃貸マンションは、実家から離れて生活している人のほとんどが、一度は住んだ経験があると思うマンションです。一度賃貸契約すれば2年後ごとに更新があり、契約更新すればまた住み続けることができます。しかし長く住み続けたところで最終的に自分のものになるわけではなく、賃貸はあくまでも賃貸で、持ち主は大家さんのままです。

それに比べると分譲マンションだと部屋を借りるのではなく、購入して自分のものにできるので、マイホームとして永住できます。間取りを変えたり、設備を新しくしたり、リフォームも自由にできます。自分の資産として運用できて、賃貸として他の人に部屋を貸し出すことも可能です。独身の頃は賃貸マンション住まいでも、結婚して家族ができるとマイホームとして分譲マンションを手に入れる人が多いようです。

しかし賃貸マンションは、分譲マンションのように住宅ローンを組む必要がなく、気軽に借りれるのでずっと賃貸に住んでいる人もいます。自分のその時の気分に合わせて自由に引越しができる点が賃貸は優れています。賃貸マンションと分譲マンション、どちらにも長所と短所があるのでどちらがいいとは言い切れませんが、自分に合った、無理なく暮らせる住まいを探してみることをお勧めします。

このページもチェック!