約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸住宅で暮らすことは経済的に自由がありますし、住宅ローンを組む必要がないので良い選択だと考えています。

約3年間住んでいた賃貸アパート

賃貸住宅で暮らすことは賢い選択です

私は賃貸住宅で暮らすことは、賢い選択だと考えています。なぜならば経済的に自由が多くあるからです。賃貸住宅で暮らす場合には、引越しをしなけでば月々の家賃と火災保険料を支払うだけで生活をできます。家賃を支払うことが困難になればより安い住宅に引越しをすることで、生活が楽になります。公営住宅で暮らす場合などは地域や収入によっては月々1万円程度で暮らせる場合もあるのです。しかしマイホームの場合はそうではありません。毎年固定資産税は賦課されますし、物件の管理費や修繕費が必要になります。

また現金でマイホームを購入しない限りは住宅ローンを組むことになります。現在の住宅ローン金利は低金利ですが、それでも35年間の固定金利で借り入れをすれは、年利2%程度は金利が必要です。一般的には元利均等払いで月々同じ金額を住宅ローンの返済として支払うので、最初の頃は利子の支払いの割合が多く元金がなかなか減りません。数千万円の住宅ローンは数パーセントの金利でも大きな負担になるのです。もし35年固定金利で住宅ローンを組んだ際には、35年間同じ金額を支払う必要があります。失業をしても、収入が少なくなっても同じ金額を住居費として支払う必要がありますので、そのようなリスクを持たないためにも私は賃貸住宅で暮らすことは良い選択だと考えています。

このページもチェック!

サイトリンク