約3年間住んでいた賃貸アパート

空き家やマンションの相続問題は不動産の購入をためらわせて賃貸住まい者を増加させるが将来の懸念も増加させること

約3年間住んでいた賃貸アパート

空き家やマンションの相続問題は賃貸住まい者にも影響を与える

人口減少社会そして都心回帰への動きが加速される中、地方では空き家の増加が深刻な問題を加速化させています。過疎化が進んで利便性が悪いので売りに出しても誰も買わないで相続した人は永久に子孫代々売れない土地のために固定資産税を払い続けなければならないからです。なのでそんな可能性のある地方を捨ててより利便性の高い都心への回帰が加速化されるのですが、しかし都心は地価が高いし狭いので戸建ての住宅建造は価格的に難しくマンションの購入派が増加してきています。しかしマンションの購入は決して安泰ともいえにくい状況が指摘され始めています。それは老朽化した際に修繕積立金が足りない可能性が高く後で一気の値上げを提示されることになりそこに住んでいるお金のない住民と管理組合との間で亀裂が生じるほか、容積率の高い超高層マンションも同様に建て替えの際に土地の売却代金よりも解体や建て替え費用を上回ってしまい新たな大幅出費を余儀なくされてしまうというのです。

そんな空き家やマンションの将来の懸念は不動産の購入をためらわせて賃貸住まい者を増加させることになります。その賃貸住まいのメリットはまず購入した不動産の後始末を自分たちや後継世代がやらないでいいということです。また家賃支払いさえできていればローンで苦しむこともないのです。

このページもチェック!